社会問題と向き合うおとなたち、そしてわたし #JSBS2021

今日は、JAPAN SOCIAL BUSINESS SUMMIT 2021(略称:JSBS2021)に参加しました。
(書き始めた時は「今日」だったのですが、いつの間にか「一昨日」になっていました)

JSBSは、ボーダレス・ジャパンが主催する、国内最大級のソーシャルビジネスの祭典です。

主な内容は
ソーシャルビジネスの事業プレゼン計9つと
ソーシャルビジネスのトップランナーによる対談。

5時間という長丁場でしたが、あっという間に感じるほど、濃いイベントでした。

JAPAN SOCIAL BUSINESS SUMMIT 2021~特別編~
JAPAN SOCIAL BUSINESS SUMMIT 2021~特別編~ - ジャパンソーシャルビジネスサミット2021~特別編~ 「いい社会」の実現を加速する場。世界を変える挑戦が「今」ここではじまる。オンライン・YOUTUBE配信にて11月6日(土)開催! | ソーシャルビジネスで世界を変える|株式会社ボーダレ...

かっこいい大人たちと、それを見るわたし

JSBS2021のメインコンテンツは、ボーダレスアカデミー卒業生8人による事業プレゼン。

それぞれの想いのこもった発表は、胸にずっしり来るものがありました。

どの方も解決したい社会問題に対して本当に強い想いを持っていて、根底にはやさしさがあって、つよく温かい素敵な発表でした。

震えたり涙を流したりしながら、訴えかけるかのように話す姿は本当にかっこよかったです。
(発表者のみなさん、本当におつかれさまでした!)

たった数分間の短い発表では、ほんの少しのことしかわかりません。
疑問点もたくさんあったので、これから、もっとひとつひとつの事業について深く知っていきたいと思っています。

ボーダレスアカデミー | 社会起業家を輩出するソーシャルビジネススクール
ボーダレスアカデミーは社会問題を解決する社会起業家を輩出するソーシャルビジネススクールです。社会起業家・現役経営者が講師を努める本格的な社会起業プログラム。3ヶ月でビジネスプランを完成させ、卒業と同時に起業を目指します。

今日の感想

今日の感想を思いつくままに、まずは箇条書きで(自分用の備忘録です、すみません)。

・ファイナルピッチ全部カッコよかった
・ひとつひとつの事業をもっと深く知りたい
・個々の課題に対する解決策としてどれも素敵だけど、根本的な原因と対策なのかは疑問が残る
・「被っている側」に変容を促す事業には賛同しきれない
・問題は問題として認識されないと問題にならないというのはまさに本当にその通りだし、そこは私の課題感とも一致
・私は「困っている人を助ける」ではなく、「困らせている社会を変える」ことにもっともっとフォーカスしたい気がする
・社会起業家の援護射撃ができる社会起業家になりたい
・YAMAPの春山さんが「弱さから社会をつくりなおす」というようなことを言っておられて、それが一番ほんとに共感した
・自分のお給料どうするか?とか、無償でもやるか?とか、ほんと難しい
・気づかないうちに社会問題に加担している→人々を無自覚なまま誘導するのが本当に民主的かは議論の余地あり?
・障害を「個性」として見る発言にはモヤった。 そう捉えることで救われるたくさんの気持ちがあることは事実なのだけど、やっぱり社会問題を「個性」の話(つまり個人の話)に還元してしまうのは危ういと思う。 自分もいろんなところで「そう表現することの危うさ」には、敏感でいたい。

わたしが進みたい道

すべての発表が素晴らしかったことは大前提として、「最高!でも私の目指す方向はそっちじゃないかも!」と思う事業プランもいくつかありました。

社会問題の原因・責任の所在は、個人だけにあるのでも、社会だけにあるのでもなく、複合的です。

しかし、社会問題を個人の問題へと押し込める制度や言説がとても強くなっているのが、今の日本社会だと私は感じています。

だから、私は「被っている側」に変容を促す事業や活動には賛同しきれません。

「困っている人」を変えるより、「困らせている社会」を変える。
マジョリティへのアプローチを後回しにしない。

そこにフォーカスすることが、私の目指す方向だなと思っています。
(もちろんみなさん、やっていないわけではないし、ひとつひとつの積み重ねが社会を変えるのですが!)

問題は、問題と認識されるまで問題ではない。
その意味で、誰かの苦しみを社会問題として取り上げ(俎上にあげ)、解決策まで提案している社会起業家たちは本当にかっこいい。

そんな社会起業家を援護射撃できるような社会起業家になりたいと、強く思いました。

単純に、よい商品・よいサービスを

「社会に貢献できるからとか、そんなことは関係なくても買いたいと思う商品・サービスをつくろう」

以前、そんな話を、ボス(ボーダレス・ジャパン代表 田口一成)がしていました。

圧倒的なよい商品、社会課題解決とか関係なく、みんなが欲しくなっちゃうような、そんな商品。

JSBSの8人のプレゼンのなかで、まさにそれを実現していると感じたのが

白坂大作さんの大豆ミート「SOYCLE」と、坂田さやかさんのアパレルブランドでした。

こういうのを目指して商品・サービスづくりをしなきゃな、と思いました。

SOYCLEさっそく購入したので、届くのが楽しみです!

SOYCLE|発芽大豆を使った大豆ミートブランド
栄養価とうま味を最大限に引き出した発芽大豆を使った大豆ミートブランド【SOYCLE / ソイクル】の公式WEBサイトです。ソイクルは、大豆ミートが初めての方でも、ご自宅で簡単に美味しく料理ができます。そして、常温保存可・高タンパクで低脂質・臭みもなく、バリエーション豊かな料理が楽しめます。毎日のごはんは美味しく、それで...

JSBSをいっしょに見る会

JSBSと同時並行で、5時間まるまるTwitterのスペースを繋ぎ続けるアホ企画「JSBSをいっしょに見る会」をやっていました。

いっしょに見ながらあーだこーだ言ってくれたみなさん、ありがとうございました!

いっしょに企画してくれたCodyもありがとう!

JSBS2021のテーマでもあった「MY ACTION」について、すぐに話せたことがとてもありがたかったです。

これからも、牛歩ではありますが(いや、牛歩ではダメなんだけど)進んでいいきたいと思います。

がんばるぞー!

itoi

コメント

タイトルとURLをコピーしました